リバースモーゲージその他情報 リバースモーゲージ制度・住宅ローンの銀行活用法と問題点

リバースモーゲージその他情報 リバースモーゲージ制度・住宅ローンの銀行活用法と問題点

リバースモーゲージ投資

リバースモーゲージ投資に利用するということもできます。

この場合、リバースモーゲージの窓口は民間銀行になります。

自治体でのリバースモーゲージの審査では通らない道理ですが、リバースモーゲージの資金が使途自由と謳う民間のリバースモーゲージなら、投資も可能です。

自宅を担保に融資を受け、新しい住まいに引越しし、担保となった自宅を貸し出すといったことで、毎月の家賃収入が可能になります。

もし、条件の良い、例えば地価が高いようなところ、に自宅がある場合、高い家賃が見込めます。

リバースモーゲージ投資というのは、快適な老後を過ごすためにも、新しい投資の形といえるでしょう。

年金収入が少なく、でも自宅は持っているという方、リバースモーゲージ投資というのを考えてみませんか?

自宅を投資に利用ができるリバースモーゲージの対象者が高齢者のみとなっています。

住替え型リバースモーゲージとは?

リバースモーゲージの形態内容も年を追うごとに改良されています。

自治体や国レベルの場合は融通が効かない部分が目立ちますが、民間のリバースモーゲージでは、住替え型のリバースモーゲージが主流になってきました。

住替え型ということは、担保物件に居住することなく、融資が受けられるということです。

もっと良い条件の住まいを求めることもでき、ニーズの自由化ということでもリバースモーゲージの住替え型というのは、リバースモーゲージの戸口を広げたことになります。

又、住替え型ということになれば、参入する業者にしても建設会社や不動産などの業者も考えられ、リバースモーゲージ自体が広がりを見せる様相になってきました。

より良い改良かもっと必要なリバースモーゲージ住替え型というのはその大きな鍵のひとつでした。

リバースモーゲージと民間の動き

最初は自治体がリバースモーゲージの窓口となり、国も本格的なリバースモーゲージ制度に対して重い腰を上げ始めました。

では、民間ではということになると、不動産関係や建築関係の企業が、銀行や保険会社などと共同でリバースモーゲージの導入を始めています。

民間リバースモーゲージの場合、資金の用途の中にリフォームの項目もあり、建築会社などにとっては、かえって都合の良いこととなります。

民間の保険会社というのは、リバースモーゲージを貸す側にとっては、心強い味方となります。

ですし、借りる方としても保険という言葉で、もしものことがあった場合は安心です。

このような異業者による民間リバースモーゲージ業界の参入は、これからリバースモーゲージの普及に弾みがつきます。

ますますのリバースモーゲージへの民間業者の参入に期待です。

みずほ総合研究所とリバースモーゲージ

みずほ総合研究所は、みずほグループにシンクタンクとして、様々な活動を通しての情報発信基地となっています。

金融など経済の他に、高齢化社会の関心ごとについてのレポートも数多くあります。

リバースモーゲージについてみずほ総合研究所の報告レポートも適時サイトで見ることができます。

リバースモーゲージについては、みずほ総合研究所ばかりではなく、金融機関や大手生命保険会社など高齢化社会に関係する企業では各報告があります。

現在のリバースモーゲージの状況は暗澹としていますが、みずほ総合研究所の報告ですと、各種問題点が出てきて、再構築することにより、リバースモーゲージの状況は良くなるとの結論となっています。

これからもみずほ総合研究所の報告に注目です。

リバースモーゲージと厚生労働省

2007年4月厚生労働省は、リバースモーゲージ制度の適用を開始しました。

それまでは自治レベルや民間でのリバースモーゲージ制度が進められていましたが、国が後押しをする形でのリバースモーゲージの展開に、厚生労働省にかける思いが伺われます。

リバースモーゲージの普及は、今までは遅々として進んでいなくて知名度も極めて低い制度でしたが、厚生労働省が出てきたことで、あらゆるニーズに対応できるリバースモーゲージ制度の整備が求められています。

今後のリバースモーゲージにおける厚生労働省の役目としては、国としてリバースモーゲージを大々的に宣伝することや認知度のアップにつながって欲しいと思います。

今後のリバースモーゲージに関する厚生労働省の動きに注目です。

リバースモーゲージと東洋経済

東洋経済新報社では、リバースモーゲージに関する書籍を発行しています。

日本において、リバースモーゲージが普及しない本当の理由などを綴ったものだったり、リバースモーゲージの現状について鋭い見解をしています。

リバースモーゲージにおいては、サイトなどでも語られていますが、じっくりとリバースモーゲージについて研究するなら、東洋経済新報社の『リバース・モーゲージの手引き―高齢者福祉のための持家担保年金』をお勧めします。

そのほうにも東洋経済のアウトルックでもリバースモーゲージについての手記などがあります。

このように東洋経済新報社のような活字を追うことでより深くリバースモーゲージを理解することが可能です。

東洋経済のリバースモーゲージ、一読の価値ありますよ。

北海道新聞とリバースモーゲージ

北海道新聞でのコラムですが、最近はカタカナこの氾濫という話題の中にリバースモーゲージの言葉を見つけました。

リバースモーゲージとは、「逆担保(抵当)」という意味です。

カタカナ文字、日本語訳においてもリバースモーゲージの意味そのものは伝わっときませんが、リバースモーゲージ制度の意味は、高齢者への生活保護の支給をやめ、その不動産を担保に生活資金を融資するものです。

北海道新聞では、カタカナからはこのような意味は分からないという結びですが、リバースモーゲージ自体の知名度も低いせいもあります。

美しい日本と言うことを掲げた総理がいましたが、そのころの北海道新聞の記事ですから、少し皮肉った内容になっていますが、北海道新聞だけではなく、リバースモーゲージ、逆担保の意味そのものも分からない方が多いでしょう。

北海道新聞によると、札幌ではリバースモーゲージ制度が始まっていますが、今後は北海道新聞という報道機関で、リバースモーゲージを広めて欲しいと思います。

リバースモーゲージの取り扱いに関して

リバースモーゲージの制度の取り扱いをしているのは自治体だけではなく、民間企業もリバースモーゲージ取り扱いを始めています。

自宅などの不動産にし、融資を受けるリバースモーゲージですが、取り扱いをする側としても採算がとれなければ、実施は困難です。

国からの補助がある自治体としてはある程度の余裕はあるものの、リバースモーゲージの基準は少し高く設定されています。

民間企業は、あらゆるサービスを付加し、リバースモーゲージ取り扱いを進めていますが、まだその数は少ない状態です。

高齢者社会は始まったばかりで、リバースモーゲージのニーズは高くなるとの観測はありますが、リバースモーゲージ制度の改善と取り扱いをする企業や地価の安い地方での取り扱いなどまだまだ問題は多いです。

リバー産業とリバースモーゲージ

リバー産業は大阪にある企業ですが、リバー産業が供給する住宅はリバースモーゲージ制度を取り入れたものが多いです。

リバースモーゲージとは、所有する不動産を担保に融資を受ける制度のことです。

高齢者でも融資ができ、実際に返済するのは、利息のみという支払だけでリバー産業のマンションは、高齢者にとっては嬉しいことです。

現在はマンションの売上げもあまりよくなく、付加価値がポイントとなっていますが、リバー産業のマンションのようにリバースモーゲージを利用でき、実際に住むのは、自分ではなく子供や他人に貸すことも可能です。

このようなリバースモーゲージを利用したマンションはこれからの増加すると思われます。

その先駆をきったリバー産業のリバースモーゲージマンションは、数を確実に増やしている状態です。

リバースモーゲージと生活保護

生活資金が欲しいがために融資を受けられ制度は、自宅を担保に入れてのリバースモーゲージです。

しかしこのリバースモーゲージは、本当に生活資金が必要な生活保護を受けるような人たちにとっては、持っている自宅の資産価値が少ないこともあり、生活保護世帯にはリバースモーゲージは無縁といえる部分があります。

自宅を担保ということは、自宅をも持てない生活保護世帯の方には、リバースモーゲージは関係のないことです。

生活保護世帯については別の融資の方法があります。

又、リバースモーゲージをしたとしても、長生きすることにより、リバースモーゲージの資産よりも多くの資金がかかり、生活保護に受けるようになったという場合も見受けられます。

高齢者を対象としたリバースモーゲージですが、生活保護という観点で見ると、相反するものが見えているようです。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。