リバースモーゲージの税金 リバースモーゲージ制度・住宅ローンの銀行活用法と問題点

リバースモーゲージの税金 リバースモーゲージ制度・住宅ローンの銀行活用法と問題点

リバースモーゲージと税金

高齢者が利用できるリバースモーゲージとは、自宅などを担保にして、融資を受けられる制度です。

地価の高い不動産を持っている高齢者などは、固定資産税などの税金を払うためにリバースモーゲージを利用するという方もいます。

社会保険料などの税金は高齢者になると負担は少なくなるものの、固定資産税に関しては、年収などに関係ない税金ですから、収入が少なくなると支払うことができなくなってしまいます。

リバースモーゲージのメリットとして、不動産を手放さなくても良いのですから、担保に入ったとはいえ、そこに住み続けることができます。

そのためには税金を払わなくては、ということです。

リバースモーゲージの対象者として、非課税所帯という低所得の方ですから、税金を支払えなくなってしまうという状況は大いに考えられ、リバースモーゲージの利用すると、所得に関係なく滞りなく支払うことができます。

リバースモーゲージの返済は、対象者がリバースモーゲージ制度を断るか死亡したときということですから、融資を受けている間は返済のことは考えなくてもいいわけです。

税金リバースモーゲージでというのは、低所得の高齢者にとってはありがたい制度です。

リバースモーゲージと固定資産税

固定資産税と言うのは、土地または建物を所有するものは必ず支払う税金です。

土地評価額によって前後する税金ですが、固定資産税を払えないという場合にもリバースモーゲージが利用できます。

リバースモーゲージとは、所有する建物を担保に融資を受けるものです。

高齢になり、定期的な収入に不安があるけれど、所有する建物に住み続けながら、融資を受けますから、固定資産税もしっかり払えます。

リバースモーゲージを受けた場合の返済は、本人が死後に精算ということになりますから、存命中は安心して住め、固定資産税の心配もないということです。

土地評価の高い土地ですと、当然固定資産税も高額になります。収入が十分にない方でも安心して住めるようにというリバースモーゲージの制度です。

まだまだ課題の多いリバースモーゲージですから、全国的な普及には至っていないものの、リバースモーゲージのことからの制度の改良が待たれます。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。