リバースモーゲージの住宅 リバースモーゲージ制度・住宅ローンの銀行活用法と問題点

リバースモーゲージの住宅 リバースモーゲージ制度・住宅ローンの銀行活用法と問題点

リバースモーゲージと自宅の売却

住み続けている自宅を売却することなく、資産の8割方の融資を受けられるリバースモーゲージ

リバースモーゲージの対象者は、65歳以上の高齢者となっています。

長年住んでいる自宅を売却というのは、高齢者にとっては精神的にもつらいことです。

実際、リバースモーゲージで担保に入る自宅ですが、売却ではなくあくまでも担保です。

それもローンとは違い、融資額は最初から決められていますから、返済できなくなったから担保を売却するということはありません。

リバースモーゲージの返済は、対象者の死後ということですから、それから売却し精算するということになります。

民間ローンの融資とリバースモーゲージの融資の相違点はこの売却が鍵となっています。

リバースモーゲージと不動産

リバースモーゲージに必要な不動産は、原則的に一戸建てというところが多いようです。

しかし、大都市圏などでは、マンション住まいの高齢者も多く、一部の自治体などではマンションの不動産によるリバースモーゲージも進められています。

又、リバースモーゲージそのものの不動産の価値が、地方都市での2000万円というくらいですから、実際にリバースモーゲージの担保にできる不動産をもつ、資金が必要な高齢者となると限定されるのが現状です。

リバースモーゲージの普及が遅れているのは、不動産の水準が高すぎるとの声も聞こえますが、貸す側としても苦慮するところです。

今後は、リバースモーゲージ不動産の関係をどう柔軟に考えるかが、全国的なリバースモーゲージ普及の鍵となります。

リバースモーゲージとマンション

リバースモーゲージの対象となる物件は、土地付き戸建という場合が多いのですが、現在はマンション住まいの高齢者が増えていることから、リバースモーゲージの対象物をマンションにまで広げることも考慮されています。

ただし、マンションですと、メンテナンスなどの能力に差があるため、実際の地価に照らすと、リバースモーゲージは戸建の様にいかないことも問題とされています。

しかし、これからはマンション住まいの高齢者が増加することは大いに予想されます。

ですからリバースモーゲージの制度そのものをマンション摘要にすることが急務とされています。

担保をマンションにしても、融資ができるようなリバースモーゲージ、これかの課題とも言えます。

リバースモーゲージと住宅

宅地を担保にお金を借りられるリバースモーゲージ

国や自治体が窓口となり、リバースモーゲージの制度がありますが、住宅事情と関連し、どうしても地価が高い土地でしか活用ができないなどデメリットも多くあります。

担保となる住宅が、実際欲しい資金とは程遠いような地価に居住している場合、リバースモーゲージ制度はなかなか難しいものとなります。

リバースモーゲージの融資額としても住宅の100%というわけではないですし、首都圏などでは、住宅だけでも十分な資金となりますが、地方になると地価は寂しい金額となっています。

これからのリバースモーゲージ住宅の関係について、首都圏との地方の格差が大きいですが、なかなか解決の糸口が見えない問題となっています。

リバースモーゲージとマンションの関係

土地や建物を担保として年金などの形で融資を受けるのがリバースモーゲージです。

この場合、土地つき一戸建ての建物が対象でしたが、今ではマンションでも融資可能なものもあります。

又、自宅を担保にして、マンションの購入資金に充てるといった使い方もできることから、利用者も増えています。

また、貸付金額も公的な場合と民間の場合、差があります。ここでマンションリバースモーゲージの対象外になることもありますし、なんといっても貸し付け金額に大きな差があります。

返済は、契約者の持つ建物を売却することによって行われますが、その際に、返済が無理な金額だったりしますから、リバースモーゲージの契約時は注意しましょう。

自宅をリバースモーゲージで融資を受け、マンションのオーナーになるというのも一考かもしれません。

老後、自宅、マンションリバースモーゲージで結びつきが見えてきませんか?


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。