リバースモーゲージの各銀行取扱 リバースモーゲージ制度・住宅ローンの銀行活用法と問題点

リバースモーゲージの各銀行取扱 リバースモーゲージ制度・住宅ローンの銀行活用法と問題点

リバースモーゲージの取扱銀行について

リバースモーゲージの取扱銀行は、東京スター銀行の『充実人生』が大々的な宣伝をしています。

使途を選ばないリバースモーゲージとして、民間の取扱銀行としては、使い勝手のきく便利なローンという形になっています。

そのほかに、積水ハウスと共にリバースモーゲージのローンを始めた取扱銀行としてりそな銀行があります。

このようにリバースモーゲージ取扱銀行が増えてくると、地域を越えての利用も可能となり、公的なリバースモーゲージとは違う融資目的が自由になるなど、リバースモーゲージの普及に期待が持てます。

これからも地方銀行などもリバースモーゲージの取扱銀行が増加することを望みます。

東京スター銀行のリバースモーゲージ

東京スター銀行リバースモーゲージは、銀行業界の中でも先頭を切ってのリバースモーゲージ制度における融資となります。

自治体単位のリバースモーゲージは用途などが定められているのに対し、東京スター銀行リバースモーゲージは使途自由ということです。

このことプライバシーが守られていることですし、融資を受けたとはいえ、自分のお金という感覚ももてます。

借入金という感覚無しでの融資ができるのが東京スター銀行リバースモーゲージです。

相続人の納得さえいけば、遺す必要もない自分で自由に使えるという奔放ささえ感じられる東京スター銀行リバースモーゲージ

民間銀行によるリバースモーゲージの動きは、徐々に始まると思いますが、今のとこ東京スター銀行リバースモーゲージが一番かもしれません。

リバースモーゲージと信託銀行

リバースモーゲージを導入する信託銀行の動きが最近になって見られてきました。

それでも、まだまだリバースモーゲージ業界における信託銀行や銀行の数は少ない状態です。

というのも、信託銀行リバースモーゲージを導入する場合のリスクとして、想定よりも長生きをする、地価下落などがあります。

しかし、国としてもリバースモーゲージ制度を立ち上げ、実際のニーズも確認でしたところで、信託銀行リバースモーゲージに名乗りを上げてきたといった状態です。

これからは民間業者と信託銀行、保険会社などがリバースモーゲージの業界で顔を合わすというようなことも水面下で進められているようです。

現在は、中央三井信託銀行リバースモーゲージ融資を導入しています。

リバースモーゲージと金融機関

高齢者限定で不動産などを担保に融資をするリバースモーゲージ

自治体レベルのリバースモーゲージから、銀行、信用金庫といった金融機関や民間企業によるリバースモーゲージ業界への参入が始まっています。

リバースモーゲージは融資ですから、金融機関が動くのは当たり前のことです。

特に信用金庫というのは、その地域に根ざした営業をしていますから、高齢者側としても年金の受け取り口座があったりと近しい関係にあります。

又、銀行にしても、高齢者の方でも無縁の金融機関ではないでしょうから、このような期間がリバースモーゲージを考えるというのは、借りる方貸す方双方にプラスとなります。

今までは、自治体が主体となって進められてきましたが、基準が厳しいなどの批判もあり、民間が参入することにより、審査基準にも注目がいきます。

銀行信用金庫といった身近な金融機関が、リバースモーゲージを導入し、無理なく高齢者が気軽に融資を受けられるリバースモーゲージといったものの確立がのぞまれます。

これからも、銀行などの金融機関リバースモーゲージに対する熱意が熱くなることを願いします。

中央三井信託銀行のリバースモーゲージ

中央三井信託銀行のリバースモーゲージは、老後を生き生きと暮らすためのお手伝いを提供しています。

事業性資金以外、使途自由な中央三井信託銀行のリバースモーゲージ

老後の資金やリフォーム、老人ホームへの入居などに自由に利用できる中央三井信託銀行のリバースモーゲージ

不動産を手放すことなく、不動産の価値を使い自由な暮らしをできるというのですから、誰にも迷惑をかけることなく、自分のモノて、今より少し贅沢ができるというのが中央三井信託銀行のリバースモーゲージ

信託銀行ということで、遺言などもきちんとした形で後世に残すことでトラブルも回避できます。

使途が決められているよりも使途自由な中央三井信託銀行のリバースモーゲージ、検討してみませんか?

三井信託銀行、共同でリバースモーゲージ

民間会社の数社が共同してリバースモーゲージ商品化をする動きが進んでいます。

旭化成ホームズと日立キャピタルの共同開発した「住み替え型リバースモーゲージ」は住み替え用を前提にして、持ち家は賃貸用物件となります。

トヨタホームとトヨタファイナンスは共同リバースモーゲージを導入しています。60歳以上のトヨタホームの一戸建住宅購入者(愛知県在住)に限定していますが、自宅に継続して居住しながら、融資を受けられる点が特徴的です。

中央三井信託銀行株式会社と三井住友海上火災保険株式会社は共同で、持家を担保にして高齢者に老後資金を融資するリバースモーゲージの取扱を開始しました。

中央三井信託銀行の場合は、使途も自由で、物件も4000万円以上ということで、条件も緩やかになっています。

また、前述の2つは建築会社ですが、中央三井信託銀行のように金融機関と保険会社がリバースモーゲージに乗りだすのは初めてとなります。

金融機関では、中央三井信託銀行の他にも東京スター銀行もリバースモーゲージの取扱を開始しています。

中央三井信託銀行のような異業種が共同してリバースモーゲージの商品開発が続出するものと思われます。

中央三井信託銀行のリバースモーゲージ

中央三井信託銀行のリバースモーゲージは、三井住友海上きらめき生保の終身保険と組合わさったものです。

この中央三井信託銀行のリバースモーゲージは、65歳以上79歳未満の土地付き一戸建て住宅で担保評価4000万円以上の物件が対象です。

担保の50%を融資限度としていて、必要時に応じて融資を受けられます。最初の設定よりも改訂されたことにより、中央三井信託銀行のリバースモーゲージはより利用しやすくなっています。

中央三井信託銀行のリバースモーゲージの最大の特徴は、80歳以降は、きらめき生保の年金保険を受け取れるように、契約時から終身保険に加入することが可能となっています。

受取る融資の使途は基本的に自由ということですから、固定資産はあるが、キャッシュフローが不足するシルバー層に人気があります。

また、自分のために使うだけでなく、子供や孫に生存贈与する一手段としての使い方もできる中央三井信託銀行のリバースモーゲージです。

中央三井信託銀行のリバースモーゲージが評価額の50%を限度額とするのは、担保割れリスクを抑えるためです。また、3年毎に再評価します。

リバースモーゲージと東京スター銀行

東京スター銀行の『充実人生』の対象は55歳からとなっています。

高齢になってから融資というのは、なかなか難しいのが現状ですが、リバースモーゲージを利用した東京スター銀行の融資は、高齢者の方が良いということになります。

リバースモーゲージというのは、所有の不動産を担保に融資を受けますが、返済は契約者が亡くなってからということになります。

ということは、東京スター銀行としても融資が目的ですから、確実に返済と考える場合、融資年齢は高い方が良いということになります。

リバースモーゲージは、自治体が窓口となっている場合が多いのですが、諸経費がかかることや認可がおりる時間が長いなどのデメリットも多いです。

しかし、銀行で、リバースモーゲージをより利用しやすい環境にしたのが東京スター銀行の『充実人生』ということになります。

リバースモーゲージについてもっとお知りになりたい方は、東京スター銀行まで。

銀行とリバースモーゲージ

東京スター銀行の『充実人生』は新型リバースモーゲージとして注目されています。

リバースモーゲージは自治体などが融資先となる場合、対象年齢が60歳ですが、東京スター銀行は55歳、又配偶者がいる場合は、50歳以上で融資を受けられます。

自宅を担保にするリバースモーゲージは、土地評価額の80%まで融資(最高で1億円)でき、契約期間中であれば、何度でもご融資できます。

必ず老後の資金にと考えるのではなく、ケアハウスの入居資金や、自宅を貸し出して新たな家賃収入を得るというような新しいリバースモーゲージを利用した生活を提案しているのが東京スター銀行です。

様々なリバースモーゲージの考え方や工夫を得ることができる東京スター銀行リバースモーゲージ、ぜひこちらをご覧ください。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。