リバースモーゲージの住宅ローン リバースモーゲージ制度・住宅ローンの銀行活用法と問題点

リバースモーゲージの住宅ローン リバースモーゲージ制度・住宅ローンの銀行活用法と問題点

リバースモーゲージと不動産担保ローンの違いとは?

基本的にリバースモーゲージ不動産担保ローンと考えるには賛否両論です。

融資を受け、あとで返済をするリバースモーゲージで、利子の支払うなどほとんど不動産を対象としていますから不動産担保ローンという分類もできます。

不動産担保ローンは、不動産そのもの取得に対してのローンですが、リバースモーゲージは既にある不動産を担保にするものですから、ローンという形は同じでもやはり厳密には異質なものという認識が必要です。

リバースモーゲージの取扱銀行でも不動産ローンリバースモーゲージは別物扱いとなっています。

高齢者などには詳細な説明でも理解不可能の場合でも不動産担保ローンリバースモーゲージの違いを説明することは大切なことです。

リバースモーゲージは、売却ではないですから、そこに住んでいられるわけです。

そのような違いを理解できるうちにリバースモーゲージを始めたほうが無難です。

リバースモーゲージと借金

借金というのは、お金を借りることです。

不動産に関する借金としては、住宅ローンがありますが、リバースモーゲージという借金の方法もあります。

住宅ローンは、住宅を建築する際に組むもので、リバースモーゲージは住宅ローンを支払い終えた物件を担保として借金をすることです。

住宅ローンは、毎月返済するものですが、リバースモーゲージは融資を受け、返済は全ての融資を受け、融資を受けた時点で不動産を売却し借金返済ということになります。

ということはリバースモーゲージでの借金というのは、不動産に対しての100%というのものではなく、ある程度の限度額しか借金できないという構造になっています。

住宅ローンの借金リバースモーゲージ借金は、まったく逆の発想ということになります。

リバースモーゲージ型住宅ローン

住宅ローンは、ローンが終わると物件が自分のものになります。

しかし、リバースモーゲージの場合は、融資が終わるということは、物件が返済に回るため、手元には残りません。

ただし、民間の銀行のリバースモーゲージは、いわばリバースモーゲージ型住宅ローンというべき形をとることができます。

というのはリバースモーゲージでの資金を老後の生活費だけではなく、住まいのリフォームなどに充当できます。

このようなリバースモーゲージ型住宅ローンにすることにより、より快適な住まいの追求ができるということです。

自治体単位のリバースモーゲージですと、審査が厳しく、リフォームなどはちょっと選択できない内容で、リバースモーゲージ型住宅ローンとは言えません。

ただし、自治体でしかリバースモーゲージを行っていない地域もあり、住宅ローンにかかわるリバースモーゲージ型のものを利用できないという人も多いことは確かです。

これからも、民間によるリバースモーゲージ型住宅ローンの需要は増えそうです。

リバースモーゲージとローンの関係

リバースモーゲージは、不動産担保ローンと表現ができます。

リバースモーゲージは住宅ローンではありません。住宅を担保にした融資ということです。

ローンを組むということは返済をしなくてはならないのですが、担保にした不動産を対象者が亡くなった後に売却という形での返済ということになります。

ですから、対象者によってリバースモーゲージの融資額やローン体型も変わります。

リバースモーゲージで得た融資の使途については、規定がある場合とない場合などがあり、公的、民間リバースモーゲージによっても差が出ます。

いずれにしても、リバースモーゲージで融資を受けられ、老後を快適に過ごせるローンの一種であるということです。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。