リバースモーゲージのデメリット リバースモーゲージ制度・住宅ローンの銀行活用法と問題点

リバースモーゲージのデメリット リバースモーゲージ制度・住宅ローンの銀行活用法と問題点

リバースモーゲージのデメリットについて

リバースモーゲージのデメリットは、やはり地価が下落した時です。

自宅を担保にして融資を受けるリバースモーゲージですから、その地価が下落をした場合は当然融資額も下落をします。

貸す方としても危ない橋を渡れませんから、リバースモーゲージで簡単に借りられないというデメリットが出ています。

金利が上昇した場合に担保割れを引き起こすというデメリットの1つとしてあります。

相続人の了解が得られないと融資は実行されにくいリバースモーゲージは、一部の自治体とその関連法人、一部の金融機関が行っているにとどまっているのが、借りる方としても窓口が少ないというデメリットになります。

やはり、リバースモーゲージのデメリットの一番は必ずしも希望通りの融資が受けられるとは限らないということです。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。