リバースモーゲージでの老後生活 リバースモーゲージ制度・住宅ローンの銀行活用法と問題点

リバースモーゲージでの老後生活 リバースモーゲージ制度・住宅ローンの銀行活用法と問題点

要生活保護世帯とリバースモーゲージ

年金や保護世帯で1ヵ月の生活水準は十分かというと、賛否両論あります。

要生活保護世帯では、それ以上のものはないわけですから、仕方のないことですが、高齢者を対象としたリバースモーゲージ制度は要保護世帯にもあります。

しかし、この場合、生活の自立を促すことが本来の目的です。

単なるリバースモーゲージとの違いは余りありませんが、不動産をもちながら要生活保護ではなく、生活保護世帯だけど、リバースモーゲージを利用しましょうということで、国や自治体にとっては負担は小さくなります。

また対象者とっても、要生活保護世帯ではないということになります。

一方的に要生活保護リバースモーゲージを使うか決めるのではなく、国としての基準や自治体としてのモデルを作ることが良いと思います。

いずれにしても、安心な老後を暮らすためのリバースモーゲージ要保護世帯、上手に活用されることを願います。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。