リバースモーゲージとは? リバースモーゲージ制度・住宅ローンの銀行活用法と問題点

リバースモーゲージとは? リバースモーゲージ制度・住宅ローンの銀行活用法と問題点

リバースモーゲージと岡山

岡山県社会福祉協議会では、リバースモーゲージ制度があります。

岡山県のリバースモーゲージは、自分の家を手放すことなく、土地を担保に、生活資金を貸付け、世帯の自立を支援する制度ということです。

全国的に自治体が推し進めているリバースモーゲージの内容は同じですが、岡山県のリバースモーゲージの不動産の評価額か1000万円以上ということです。

岡山以外の自治体と比較をすると、2000万円台が多いリバースモーゲージの担保の額ですが、岡山の1000万円というのはありがたいです。

65歳以上の高齢者が独居か二人暮らしというのは同じですが、岡山県のリバースモーゲージは低所得世帯であることが条件になっています。

このような条件でも岡山リバースモーゲージ制度を利用する数はまだ少ないです。

これからの制度の見直しなどの検討課題はありそうです。

リバースモーゲージ制度とは?

リバースモーゲージ制度とは、不動産を所有している高齢者に対し、その自宅を担保に生活資金などを貸し付けることを言います。

リバースモーゲージを利用した貸付金の返済は、死後に不動産を売却処分等により清算・回収する制度です。

リバースモーゲージは、収入も乏しい高齢者でも自宅を所有し、担保にすることにより、住み慣れた地域・家で生活を続けることを可能にする高齢者向けの在宅福祉政策の数少ない制度のひとつであると考えられます。

リバースモーゲージとは、高齢者にとって、自分の財産は自分で自由に処分管理し、自分自身の老後生活を送るという意味において、高齢者の自立を実現させる制度であるといえます。

しかし、相続人の問題など、簡単に不動産を管理できないなどの理由から、リバースモーゲージの日本での普及は困難な制度であるといえます。

リバースモーゲージとは?

リバースモーゲージとは、融資の新しい形です。

リバースモーゲージの具体的な形態としては、持ち家などの居住用資産を担保にして、定期的に生活資金を受け取る形で融資を受けることです。

死亡したときに担保物件を処分して借入金を一括返済するしくみになっているのがリバースモーゲージですから、この融資を年金の足しにして生活をするという人が多いようです。

リバースモーゲージのReverseは訳すると、逆方向で、Mortgageは抵当のことです。

ですから、リバースモーゲージは逆抵当融資と訳することが可能です。

これに対してお金を借りて住宅を買う通常の住宅ローンは一般抵当融資といいます。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。