リバースモーゲージと自宅の売却 リバースモーゲージ制度・住宅ローンの銀行活用法と問題点

リバースモーゲージと自宅の売却 リバースモーゲージ制度・住宅ローンの銀行活用法と問題点

リバースモーゲージと自宅の売却

住み続けている自宅を売却することなく、資産の8割方の融資を受けられるリバースモーゲージ

リバースモーゲージの対象者は、65歳以上の高齢者となっています。

長年住んでいる自宅を売却というのは、高齢者にとっては精神的にもつらいことです。

実際、リバースモーゲージで担保に入る自宅ですが、売却ではなくあくまでも担保です。

それもローンとは違い、融資額は最初から決められていますから、返済できなくなったから担保を売却するということはありません。

リバースモーゲージの返済は、対象者の死後ということですから、それから売却し精算するということになります。

民間ローンの融資とリバースモーゲージの融資の相違点はこの売却が鍵となっています。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。