リバースモーゲージ型住宅ローン リバースモーゲージ制度・住宅ローンの銀行活用法と問題点

リバースモーゲージ型住宅ローン リバースモーゲージ制度・住宅ローンの銀行活用法と問題点

リバースモーゲージ型住宅ローン

住宅ローンは、ローンが終わると物件が自分のものになります。

しかし、リバースモーゲージの場合は、融資が終わるということは、物件が返済に回るため、手元には残りません。

ただし、民間の銀行のリバースモーゲージは、いわばリバースモーゲージ型住宅ローンというべき形をとることができます。

というのはリバースモーゲージでの資金を老後の生活費だけではなく、住まいのリフォームなどに充当できます。

このようなリバースモーゲージ型住宅ローンにすることにより、より快適な住まいの追求ができるということです。

自治体単位のリバースモーゲージですと、審査が厳しく、リフォームなどはちょっと選択できない内容で、リバースモーゲージ型住宅ローンとは言えません。

ただし、自治体でしかリバースモーゲージを行っていない地域もあり、住宅ローンにかかわるリバースモーゲージ型のものを利用できないという人も多いことは確かです。

これからも、民間によるリバースモーゲージ型住宅ローンの需要は増えそうです。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。