リバースモーゲージと岡山 リバースモーゲージ制度・住宅ローンの銀行活用法と問題点

リバースモーゲージと岡山 リバースモーゲージ制度・住宅ローンの銀行活用法と問題点

リバースモーゲージと岡山

岡山県社会福祉協議会では、リバースモーゲージ制度があります。

岡山県のリバースモーゲージは、自分の家を手放すことなく、土地を担保に、生活資金を貸付け、世帯の自立を支援する制度ということです。

全国的に自治体が推し進めているリバースモーゲージの内容は同じですが、岡山県のリバースモーゲージの不動産の評価額か1000万円以上ということです。

岡山以外の自治体と比較をすると、2000万円台が多いリバースモーゲージの担保の額ですが、岡山の1000万円というのはありがたいです。

65歳以上の高齢者が独居か二人暮らしというのは同じですが、岡山県のリバースモーゲージは低所得世帯であることが条件になっています。

このような条件でも岡山リバースモーゲージ制度を利用する数はまだ少ないです。

これからの制度の見直しなどの検討課題はありそうです。




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。