リバースモーゲージ、社会福祉協議会の役割 リバースモーゲージ制度・住宅ローンの銀行活用法と問題点

リバースモーゲージ、社会福祉協議会の役割 リバースモーゲージ制度・住宅ローンの銀行活用法と問題点

リバースモーゲージ、社会福祉協議会の役割

高齢者の困リごとの市町村での窓口は社会福祉協議会になります。

介護用品のレンタルや相談など高齢者にとっても、又介護などをする側にとっても社会福祉協議会が頼りです。

融資ということで社会福祉協議会での案件となると、リバースモーゲージです。

リバースモーゲージとは、持ち家などの不動産がある場合、その不動産を担保に融資を受け、返済は不動産処分により相殺という形です。

民間企業もリバースモーゲージの制度を組み込んだローンなどがありますが、リバースモーゲージの日本での始まりはといえば、社会福祉協議会ということなります。

今では全国の社会福祉協議会で、リバースモーゲージ制度を導入していますが、大きな都市に限定されているようです。




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。