国土交通省とリバースモーゲージ リバースモーゲージ制度・住宅ローンの銀行活用法と問題点

国土交通省とリバースモーゲージ リバースモーゲージ制度・住宅ローンの銀行活用法と問題点

国土交通省とリバースモーゲージ

リバースモーゲージの国レベルの窓口は、国土交通省と厚生労働省になります。

国土交通省では、「高齢者の住み替え方リバースモーゲージ制度」を2006年10月からスタートさせました。

国土交通省リバースモーゲージ制度は、50歳以上の持ち家を借り上げ、家賃は保証した上で、若い世代に賃貸をして、それを資金に充当するというものです。

要するに、シルバー世代の持ち家を活用し、融資を受ける父リバースモーゲージということになります。

高齢化社会と叫ばれて久しいですが、持ち家の広さを賃料という形で貸し出し、いわば家賃収入のように生活をというのが国土交通省リバースモーゲージ制度となります。

これからは、ますます国土交通省のようなリバースモーゲージ制度が増えることと思います。




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。