海外のリバースモーゲージ リバースモーゲージ制度・住宅ローンの銀行活用法と問題点

海外のリバースモーゲージ リバースモーゲージ制度・住宅ローンの銀行活用法と問題点

海外のリバースモーゲージ

海外リバースモーゲージの事情ですが、米国では1960年代にリバースモーゲージが登場しています。

リバースモーゲージ市場の拡大が起きたのは、1989年。民間のリバースモーゲージと公的機関が手を組み、リバースモーゲージを盛り上げていきました。

そのほかにも大きな民間だけのリバースモーゲージ会社も存在することで、普及してきました。

また別の海外のケース、民間リバースモーゲージだけの英国でも1960年代に保険会社がリバースモーゲージができています。

英国の場合、日本とは違う方式の融資を受けるのではなく、不動産そのものを売却をして一時金を得るというリバースモーゲージもありましたが、こちらは衰退してきたようです。

日本では1980年になったからのリバースモーゲージですから、海外のリバースモーゲージのほうが歴史も長いわけですが、海外のリバースモーゲージに良い点は学び、悪い点は改善をしながら、海外の形をそのままと言うのではなく、日本流にアレンジした形でのリバースモーゲージのよりよい形が望まれます。

海外のお手本になるような日本でのリバースモーゲージ、実現するといいですね。




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。