リバースモーゲージの契約書の存在 リバースモーゲージ制度・住宅ローンの銀行活用法と問題点

リバースモーゲージの契約書の存在 リバースモーゲージ制度・住宅ローンの銀行活用法と問題点

リバースモーゲージの契約書の存在

不動産を担保に融資を受けられるリバースモーゲージですが、実際月々の返済するのは貸し付けられた利子だけとなります。

リバースモーゲージとは、不動産を売却した金銭ではなく、貸付を受けるわけですから、きちんとした契約書の取り交わしが必要です。

この場合、高齢であるため、内容を理解していない場合があるため、リバースモーゲージの契約書については、後見人などの同意が必要です。

リバースモーゲージは、相続人などの問題などがありますから、様々な問題を解決した上での融資ということが大切です。

又、実際の融資の返済には、対象者の死後ということになりますから、契約書の存在が大きなものとなります。

リバースモーゲージの契約書については、対象者、後見人などへの確認が何よりも大切になります。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。