リバースモーゲージは代物弁済 リバースモーゲージ制度・住宅ローンの銀行活用法と問題点

リバースモーゲージは代物弁済 リバースモーゲージ制度・住宅ローンの銀行活用法と問題点

リバースモーゲージは代物弁済

リバースモーゲージは、不動産などを担保に、高齢者を対象に融資を行うものです。

返済は、対象者が死亡時に不動産を売却し、それを返済に充て代物弁済ということになります。

リバースモーゲージでの融資に対し、ローンのように返済を考えることなく、毎月の利子だけを支払うことになります。

リバースモーゲージで融資をしただけの不動産で代物弁済をした上の余剰分は、リバースモーゲージの対象者の相続人へ返金します。

代物弁済ができるまでの融資ですから、リバースモーゲージはずっと融資を受けられるというわけではなく、又、相続人に返済を迫るということもありません。

最初から代物弁済ができるくらいの範囲内でのリバースモーゲージですから、貸借両方もリスクはきわめて少ないということになります。

ただし、土地評価額でその金額も決まりますから、極端な地価下落などが起こると、不利な立場になりますので、リバースモーゲージを考えるときは慎重な判断が必要です。

代物弁済で、リバースモーゲージがぐっと利用しやすい環境になっているのも確かです。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。