日本のリバースモーゲージ リバースモーゲージ制度・住宅ローンの銀行活用法と問題点

日本のリバースモーゲージ リバースモーゲージ制度・住宅ローンの銀行活用法と問題点

日本のリバースモーゲージ

リバースモーゲージ制度は、1981年に日本では東京都武蔵野市が最初に導入しました。

その後日本で、東京都世田谷区、神戸市などの自冶体や信託銀行もリバースモーゲージ導入をしましたが、活用例がとても少ないものでした。

リバースモーゲージの普及に至らない理由としては、制度のリスクや、相続に関係する問題、日本人特有の不動産への思い入れなどが挙げられます。

また、日本はその後のバブル崩壊などにより地価の下落などのマイナス要因が重なり、リバースモーゲージの普及は遅れています。

しかし、日本における高齢化社会のスピードの早さに再びリバースモーゲージが脚光を浴びることになりました。

これからの日本のリバースモーゲージは、厚生労働省が乗り出し、本格的な普及を目指しています。




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。