三井信託銀行、共同でリバースモーゲージ リバースモーゲージ制度・住宅ローンの銀行活用法と問題点

三井信託銀行、共同でリバースモーゲージ リバースモーゲージ制度・住宅ローンの銀行活用法と問題点

三井信託銀行、共同でリバースモーゲージ

民間会社の数社が共同してリバースモーゲージ商品化をする動きが進んでいます。

旭化成ホームズと日立キャピタルの共同開発した「住み替え型リバースモーゲージ」は住み替え用を前提にして、持ち家は賃貸用物件となります。

トヨタホームとトヨタファイナンスは共同リバースモーゲージを導入しています。60歳以上のトヨタホームの一戸建住宅購入者(愛知県在住)に限定していますが、自宅に継続して居住しながら、融資を受けられる点が特徴的です。

中央三井信託銀行株式会社と三井住友海上火災保険株式会社は共同で、持家を担保にして高齢者に老後資金を融資するリバースモーゲージの取扱を開始しました。

中央三井信託銀行の場合は、使途も自由で、物件も4000万円以上ということで、条件も緩やかになっています。

また、前述の2つは建築会社ですが、中央三井信託銀行のように金融機関と保険会社がリバースモーゲージに乗りだすのは初めてとなります。

金融機関では、中央三井信託銀行の他にも東京スター銀行もリバースモーゲージの取扱を開始しています。

中央三井信託銀行のような異業種が共同してリバースモーゲージの商品開発が続出するものと思われます。




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。