リバースモーゲージと武蔵野市 リバースモーゲージ制度・住宅ローンの銀行活用法と問題点

リバースモーゲージと武蔵野市 リバースモーゲージ制度・住宅ローンの銀行活用法と問題点

リバースモーゲージと武蔵野市

武蔵野市では、市内に住む不動産をお持ちの方に対し、抵当権を設定して、武蔵野市が福祉公社の在宅サーピスの利用料金などを融資するリバースモーゲージがあります。

実は武蔵野市では、1981年、福祉資金サービス事業として、全国初のリバースモーゲージを開始し、これまでに100世帯余が利用しています。

高齢者は行くていく上での不安なものの1つが金銭的な不安でしょう。

その不安解消のために始められたのがリバースモーゲージですが、住み慣れた家に住んでいながら、融資の返済の心配もなく金銭的な余裕も得られるというメリットがあります。

武蔵野市のリバースモーゲージに続いて、全国の自治体でもリバースモーゲージ制度を取り入れるところがありますが、数字的には飛躍的な伸びはないようです。

武蔵野市にしても、リバースモーゲージ制度についてはまだまだ課題があることが挙げられています。




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。