社会福祉協議会とリバースモーゲージ リバースモーゲージ制度・住宅ローンの銀行活用法と問題点

社会福祉協議会とリバースモーゲージ リバースモーゲージ制度・住宅ローンの銀行活用法と問題点

社会福祉協議会とリバースモーゲージ

リバースモーゲージとは、自宅を手放すことなく、その資産を現金化する融資です。

モーゲージとは、抵当権のことですが、自宅を抵当にしてお金を借りるという感覚ですが、その窓口が自治体の社会福祉協議会という場合が多いです。

高齢者にとって、住み慣れた家を終の棲家となることが何よりの生きがいとなります。

しかし、生活をしていく上での現金がないことには何もできないということで、リバースモーゲージが制度化されたのですが、社会福祉協議会や自治体が行うことにより、信用度も上がります。

ましてや、リバースモーゲージの対象は高齢者ですから、社会福祉協議会との関係も既にできていることが多く、利用する側、される側にとってもやりやすい環境であることは確かです。

日本において、リバースモーゲージの普及率は高くはないのですが、これはリバースモーゲージの宣伝をしていないことや、全国の自治体の息も合っていないことと関係ありそうです。

もっと国や自治体が社会福祉協議会などを利用してどんどんとリバースモーゲージを宣伝することです。




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。