リバースモーゲージと労働厚生省 リバースモーゲージ制度・住宅ローンの銀行活用法と問題点

リバースモーゲージと労働厚生省 リバースモーゲージ制度・住宅ローンの銀行活用法と問題点

リバースモーゲージと労働厚生省

リバースモーゲージとは、高齢者が居住する住宅や土地などの不動産を担保として、一括または年金の形で定期的に融資を受け取ることですが、最初は自治体レベルのものでした。

リバースモーゲージで受けた融資は、利用者の死亡、転居、相続などによって契約が終了した時に担保不動産を処分することで元利一括で返済する制度です。

2002年度に、厚生労働省が全国規模でリバースモーゲージを導入しました。

2003年度以降、厚生労働省が貸付原資の3分の2を補助する形です。

全国都道府県が厚生労働省によるリバースモーゲージ制度を導入して以来、利用件数は顕著に増加しています。

厚生労働省なども参入し始め、大手住宅会社なども自社住宅の販促や団塊ジュニアによる新築ブーム終焉後を睨んだ戦略からリバースモーゲージの商品開発が進んでいます。

厚生労働省も絡んだこともあり、具体的な法的な制度の設備まではまだ時間がかかりそうです。




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。