住宅金融支援機構のリバースモーゲージとは? リバースモーゲージ制度・住宅ローンの銀行活用法と問題点

住宅金融支援機構のリバースモーゲージとは? リバースモーゲージ制度・住宅ローンの銀行活用法と問題点

住宅金融支援機構のリバースモーゲージとは?

住宅金融支援機構のリバースモーゲージは、60歳以上の人が自宅のバリアフリー化や耐震改修をする際、土地と建物を担保に低利で融資する制度です。

月々の返済は利息分だけで、元金は死亡時に資産の売却などで住宅金融支援機構に一括返済します。住宅金融支援機構のリバースモーゲージの融資限度額は500万円です。

住宅金融支援機構のリバースモーゲージはバリアフリー化推進のため2001年度に導入しましたが、2006年度までの利用は128件にとどまっています。

これは、住宅金融支援機構のリバースモーゲージの手続きなどに20万円もの諸経費がかかるなどの問題点が指摘されています。

そこで、住宅金融支援機構のリバースモーゲージの新たな制度では、土地・建物登記のため司法書士に支払う費用や不動産鑑定の費用が対象で、一定割合を公費助成するなど項目が付け加えられています。




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。